ブログ

潰瘍性大腸炎

日本での潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下です。 発症年齢のピークは男性で20〜24歳、女性では25〜29歳にみられますが、若年者から高齢者まで発症します。男女比は1:1で性別に差はありません。喫煙をする人はしない人と比べて発病しにくいと言われています。

原因は明らかになっていませんが、これまでに腸内細菌の関与や本来は外敵から身を守る免疫機構が正常に機能しない自己免疫反応の異常、あるいは食生活の変化の関与などが考えられています。症状としては、下痢(便が軟らかくなって、回数が増えること)や血便が認められます。痙攣性または持続的な腹痛を伴うこともあり、重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあり、原因がわからない難病とされています。

治療は、一般的には、薬による内科的治療が行われます。しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が必要となります。 しかし、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療方がないのが現実です。この病気には、大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることがもっとも重要になってきます。

 

治療により多くの患者さんでは症状の改善や消失(寛解)が認められますが、再発する場合も多く、寛解を維持するために継続的な内科治療が必要です。また、発病して7-8年すると大腸癌を合併する患者さんも出てきますので、症状がなくても定期的な内視鏡検査が必要になります。